平塚のバラのあゆみ

★平塚特産のバラ切花のあゆみ

ⅰ 平塚の温室園芸の変遷

 平塚市園芸協会花き部会1985(昭和60)年に発行した 『平塚の花のあゆみ』から要約すると、現在の市域での温室園芸は、大正末期に、当時の平塚町近隣の村々(1955年前後に1町7村が平塚市と合併)で始まり、昭和に入って、チューリップ、ユリ、フリージァといった球根とキクとの組み合わせで発展していきましたが、第二次世界大戦中、国の統制により花き栽培が厳しく制限され、ついには温室も取り壊されました。戦後、少しずつ温室が再建され、昭和二十年代半ば頃戦前の姿にもどり、年々、ガラス温室、フレームも増えていったそうです。

ⅱ 平塚のバラ切花生産のあゆみ

1956(s31)年 旭の真壁廉氏がバラ栽培を始める
1963( 38)年~ 20代前半の若者がバラを作り始める
1965( 40)年 新しい産地として注目されるようになる
1967( 42)年 全国より見学者が平塚に来るようになる
1968( 43)年 欧州視察1名
1969( 44)年 欧州視察2名
1971( 46)年 米国視察2名
1972( 47)年 片岡営農バラ園地発足
   

1973( 48)年

 

 

欧州視察12名

平塚が日本一のバラ産地と形容される

金目で9人がバラ栽培

   

1976( 51)年

 

 

3月 「16日間地球一周バラ視察」に平塚より5名参加

6月 「父の日にバラを」消費宣伝を平塚駅頭で実施

          (日本でのバラ宣伝発祥の地となる)

   

1979( 54)年

欧州視察6名

 

 

1984( 59)年

 

 

 

総合公園に、平塚市園芸協会花き部会バラ部会が

バラの花壇を寄付(ガレキを除去しトラクターで耕し、

牛糞を入れ、部会員40名近くで定植した)

バラの銘々のいわれをプレートに記し取り付ける

 

 

1985( 60)年

この年までに、平塚では延べ57人がバラ栽培を行った 

   
   ※平塚市中央公民館 平成24年度後期<市民アカデミー>連続講座 

             バラスポットのご紹介 -平塚のバラの魅力を再発見-

          第5回 2012年12月21日(金)開催

             「平塚のバラ農家の歴史」講師の

              「浜田バラ園」浜田光氏が作成された配布資料を参

               考に表にまとめさせていただきました

 

ⅲ 平塚から始まった<父の日にバラを!>キャンペーン

1970年代初頭、海外へ先進技術研修に出かけたバラ生産者の中から、1910年アメリカで始まり国際的に広まった父の日にバラを贈る習慣を、日本でも広めようという意見が出て、検討の結果、自分たちの手で始めることになりました。1976(昭和51)年、生産者が31束の花束を持ち寄り、平塚駅駅頭で、15千本以上のバラを無料配布しました。翌年には、2万本近いバラがミス七夕たちの手で配られ、NHKはじめマスコミでおおいに取り上げられました。日本バラ切花協会全国大会で、PR模様をパネル展示したところ、大反響があり、1979(昭和54)年からは同協会挙げての全国運動となって定着しました。

 

駅頭配布は4年間続けられ、その後は、次代を担う子どもたちに親しんでもらうため、市内の保育園や小学校へ無料配布した時期もありました。

1985年、平塚市園芸協会花き部会発行『平塚の花の歩み』第二編<バラ部会の歩

 み>などから要約)

 

 

 

ⅳ 地元バラ生産者が、総合公園にバラの花壇を寄贈

当サイト<市内の鑑賞スポット>総合公園 北自由広場付近バラ園をご覧ください

 

★行政主体の取り組み

ⅴ <ばらの丘ハイテクパーク>構想

今から20年以上前、市は、湘南丘陵の自然との調和に努めながら、アグリ、バイオ、エレクトロニクスを軸に研究開発機能を集積し、複合的なハイテクパークを形成するという壮大なプロジェクトを始めました。全体構想のイメージにバラを冠したのは、ただたんに特産のバラがあるからではなく、平塚市のバラ生産の歴史を、まちのシンボルと捉えた上での命名だったそうです。実際に、バラを中心とした<農芸文化公園>も計画されていました。バブル経済崩壊のあおりで、構想は頓挫しましたが、神奈川大学湘南ひらつかキャンパス、神奈川県農業技術センターが誘致され、現めぐみが丘も開発されました。(平塚市HPなどから要約)

 

ⅵ <ばらと香りのまちづくり研究会>

 <ばらの丘ハイテクパーク>構想を担当した職員が、計画が中断したのを残念に思い、別の形でばらを活かそうと、ちょうど10年ほど、ほかの行政職員有志と<ばらと香りのまちづくり研究会>を組織し、生産者、香りの専門家、市民も個人的に誘って、ばらによるまちづくりを企画・実験した時期があるそうです。

 

残念ながら、その方が在職中に亡くなられたため、研究会は立ち消えになってしまい、今は、有志職員の何人かが、せめて遺志を残そう、伝えようと、市役所の前庭のばらの花壇の手入れを続けています。一人ひとり自分のバラがあって、亡くなられた方のバラも含めて14本を育てています。

                                                       

 

              

              2011年5月25日撮影

平塚市役所前庭
平塚市役所前庭

盛りを過ぎてしまいました・・・

 

新庁舎建設に伴い、移植されることになりました

背景は取り壊し中の議事堂
背景は取り壊し中の議事堂

2011年9月19日

職員有志が鉢上げし

市役所近くの八幡山の洋館に移しました


▷▷ これからは洋館のバラになります ▷▷

今年の暮れに移植予定だそうです

2012年5月 見事に開花しました

2012年5月24日
2012年5月24日

 

 

この研究会に参加された方々が再結集して、これからのバラのまちづくりに

当時の経験を活かしていただければと、びぃは願っています

 

 

 

当サイトの画像・テキストの無断転載・引用はお控えください

© 2011-2017 bee. All rights reserved.