平塚のバラスポット 一覧

当サイトが手狭になりましたので、2014年からの詳細情報は、

別サイト「ベッラ!平塚」→映像で楽しむ平塚のバラスポット&イベント

ご覧ください

       ⇒⇒ 平塚のバラめぐりマップができました ⇒⇒

★平塚市HP みどり公園・水辺課 バラを求めてぶらぶら歩き               

平塚市観光協会HP トップページ左下<めぐる>→<バラの名所>

市内の花の見どころ全体の開花状況は

平塚市観光協会 facebook で四季折々お楽しみいただけます 

★ ホテル サンライフガーデン ローズガーデン

ホテル サンライフガーデンチャペル棟
画像上をクリックすると拡大します

空と風と城、バラと草花が生み出す豊かな空間

 相模川の河口(馬入川)に臨むホテルの結婚式場の前庭です。結婚式や宴席が無いときは一般に開放されていて、ドリーム・ガーデン、ドリーム・ゲート、ドーム・ガーデンとあわせて、120品種、300株のバラを楽しむことができます。 

 香りの高い品種も多く選ばれ、盛りの時期には、あたり一面にバラの香りが漂います。立体感やボリュームを考慮してさまざまな草花があわせて植えられたニュアンスに富む庭園です。手入れは平塚市生きがい事業団の方々にとてもお世話になっているそうです。 

 ホテル サンライフガーデンHP 

 アクセス(平塚駅北口からシャトルバスをご利用ください)

      地下道を通って、一般乗降場でおまちください

ローズガーデンだけでなく、敷地内の至るところでバラが楽しめます

 平塚市 第4回 景観パネル展 2014年5月26日~30日、市役所1階ロビーにて

    「ひらつかはバラのまち ~ばら香るまちづくりを支える人たち~」より

ホテルサンライフガーデン ローズマップ                 (ホテル作成)
ホテルサンライフガーデン ローズマップ                 (ホテル作成)

↑画像上をクリックして拡大した表示を、もう一度クリックするとさらに拡大します

 

 

←「ROSE INDEX」

 

ローズガーデンのバラ54品種が紹介されています

 

画像に名前、作出年・国、特徴が付記されています

           

 

~終了しました~

  

 ★ばらフェスタ 5月12日(月)~5月16日(金)10時から17時まで

   前庭のバラとは別に、全国のバラの切花130品種!を室内展示

     *期間中、バラ紅茶提供       

 
1階 オークルーム(結婚式の前の待合室)
130品種が一堂に            (画像上をクリックすると拡大します)
130品種が一堂に            (画像上をクリックすると拡大します)

ほんのさわりを

 

 

 

ローズガーデンのまわりも花がたくさん植えられています

 

こちらは

松原老人クラブの方々が手入れをされています

 

 

ホテルのバラを充分に楽しんだら、川原にも足をのばしてみましょう

 

 馬入・光りと風の花づつみ(平塚市HP みどり公園・水辺課ページへ)

 

                       

                  2012年5月26日撮影

毎年、5月末か6月はじめに、ポピーの摘み取りイベントが開催されます

 

くわしくは、みどり公園・水辺課ページで

2014年は5月31日(土)に開催されました

 

さらに進むと

 

 

こどもも、おとなも、川原の自然とふれあい「遊び」「学ぶ」ところ

 

馬入水辺の楽校

(市民グループ「馬入水辺の楽校の会」HP)

 

利用のルールはこちら

 

 

馬入水辺の楽校とは(平塚市HP みどり公園・水辺課ページ)

 

馬入光と風の花づつみ・馬入水辺の楽校へのアクセス

 

 

★ 平塚駅南口噴水広場 「海の讃歌」(人魚の像)を囲むバラの花壇

                 2014年5月9日撮影
                 2014年5月9日撮影
一番お好きな黄バラ「ゴールドバニー」と
一番お好きな黄バラ「ゴールドバニー」と

地元住民有志が育てた花壇が、駅前広場の再整備へと発展

 はじまりは、駅前の人魚の像に魅せられた地元八重咲町住民が、この像をなんとか目立たせたいと、町内有志とつくった広場南側の花壇です。市民グループ<花姿 八重咲>を立ち上げて育て続けてくださいました。

 2012年秋、市がバラの取り組みを関連各課で進めることになりました。第一弾として暮れに広場の西側と北側の土づくりをし、翌2013年1月、秦野の方が寄贈してくださったバラ苗53株が植えられました。手入れをするために市民グループ<平塚 花のまちづくりの会>が立ち上がりました。同年5月には、人が入れる憩いの広場に再整備、その後さらに苗を寄贈していただき、東側にも補植されました。四方あわせて68品種、約100株

 花姿 八重崎が育てたバラ 2009年5月18日撮影
 花姿 八重崎が育てたバラ 2009年5月18日撮影
            2009年6月20日撮影
            2009年6月20日撮影

                2014年5月6日 北側ビルから撮影
            2014年5月6日 北側ビルから撮影

 ▼2014年5月9日 開花状況            

平塚市市制施行30周年(1962年)記念像

「海の讃歌」(澤田政廣、1963年作)

制作依頼のいきさつは、当サイトトップページ

<◎2012年秋、平塚のバラのまちづくりがスタート!!>欄の

人魚の画像の下をご覧ください

 

 

バラの満開の時が楽しみですね

 

 

               お願いがあります。

 

2014年4月末に<花姿 八重咲>が解散し(今までありがとうございました)、<平塚 花のまちづくりの会>が広場のバラの花壇すべてを任されることになりました。これまでも自分たちで民間の助成金を取り、なんとか維持管理を続けてきました。とても手が足りません。

 

バラをお好きな方、何かボランティアをしたいとお探しの方、

 平塚駅南口花壇のバラを一緒に育ててくださいますようお願い申し上げます。

 

 

★ 八幡山の洋館 前庭のバラの花壇

明治時代の洋館を移築復原、市民の憩いの場に

 この洋館は、1906年頃、日本火薬製造株式会社(日本海軍と英国3社の合弁会社)の敷地に英国人支配人の執務室として建てられたと言われています。1919年から45年までは海軍火薬廠の高等官クラブ(水交社)として使われました。1950年からは横浜ゴム株式会社平塚製造所の応接室などに利用されてきました。

 2004年に市に寄贈され、国の登録有形文化財の指定を受けました。2009年4月、八幡山に移築復原され、平和を祈念するシンボルとしてよみがえり、市民の憩いの場・活動の場として活用が進められています

(くわしくは、管理人びぃの別サイトで

 開館当初から、平塚特産の切りバラにちなんで、前庭にバラが植えられています。館内で開かれたバラの講座修了生有志で立ち上げた市民グループ<ロサ アグア>が、市から手入れを委託されています。

55品種、130株。2014年度中に、さらに植え足される予定。

 

八幡山の洋館(旧横浜ゴム平塚製造所記念館)HP

アクセス

 

 ▼2014年5月8日 開花状況         

 

■洋館の記念グッズができました

 

 ミニ巾着 (マイクロファイバー製)

  洋館とバラの2種類 

 

 ハンドタオル 

  洋館とバラ 各2色 全4種類

 

★ (株)パイロットコーポレーション 平塚事業所 バラの垣根

平塚の工場緑化のシンボル

 1965年、塀を金網に替える際に、工場に潤いを与えようとバラが植えられました。当然経費がかさみます。50年前の英断に感謝です。

 昨今、どの企業も経費削減に努めていますが、パイロットでは、平塚工場のバラの垣根は世間に知られていることから、取り払わずに、専門業者による手入れを続けてくださっています。 さらに感謝

フェンスの内側におよそ30品種、220株

工場の敷地内には入れません。

車道の向こう側の歩道からも眺めてみてください。

 

 ▼2014年5月7日 開花状況                     

※歩道を通る自転車に充分ご注意ください

 

 

あまり知られていませんが、

平塚は行政が工場等の事業者に、積極的に緑化を指導しているまちです。

(くわしくは、当サイト<市内のバラ園・花壇など>ページの

中ほど、「パイロットのバラの垣根」欄をご覧ください)

 

工場などの緑にも、目を向けてみてください。

 

 

★ 平塚市総合公園 バラ園 (野外ステージ南と、野球場北の二か所)

   南側      北側 2012年5月20日

 

バラのまち平塚ならでは、公園にバラ園が二か所

 総合公園は、横浜ゴムと同様、戦後、海軍火薬廠の跡地の一部に建てられた旧農林省果樹試験場本場が筑波に移転したあとに、市制施行50周年を記念して開かれました。

どうして別々に二か所、バラ園があるのでしょう? 

 

南側のバラ園は市が造ったもの、北側のバラ園はもともと

市内のバラ切花生産者さんたちが造園して寄贈してくださったものです

 

 1984年、平塚市園芸協会花き部会バラ部会会員40人の方々が、土づくりから造園され、市にご寄贈くださいました。当初は維持管理まで関わっていらしたそうですが、現在、実際の手入れは平塚市生きがい事業団に一任されています。

       くわしくは、当サイト<市内のバラ園・花壇など>

                 <平塚のバラのあゆみ>をご覧ください。

南北あわせて98品種、786株

 

平塚市総合公園HP(バラの品種名と画像が載っています)

アクセス

           

 ▼2014年5月8日 開花状況 多目的広場付近(野外ステージ南)のバラ 

レッドクィーン
レッドクィーン

 

新しく植えられた苗が養生されています。

市から委託されている

公益財団法人平塚市まちづくり財団によると、

南側にはレッドクィーン、

北側には、シューベルバルク、バイオリーナが

補植されたそうです。

 

日本庭園の前を通って、北側のバラ園へ
日本庭園の前を通って、北側のバラ園へ

 

 ▼2014年5月8日 開花状況 北自由広場付近(野球場北)のバラ 

 

 

アーチの東側に、

地元の切りバラ生産者の方々が寄贈された当時のおもかげが残っています

 

 

★ 花菜ガーデン ローズガーデン 薔薇の轍(ばらのわだち)

  花菜ガーデンHP<薔薇の轍とは>をご覧ください

 

  開花状況は、同HP<いまの様子> でご覧いただけます

 

  NEW 花菜ガーデンのご紹介ページを別のサイトに開きました    

        びぃの別サイト<ベッラ!平塚>で最近の様子をご覧ください

 

   

   ■2011年、2012年のローズフェスティバルの様子は、当サイトでどうぞ

    2011年 春のバラ展<平塚産のバラ切花展示>は、こちらからどうぞ

 

 

 

当サイトの画像・テキストの無断転載・引用はお控えください。

© 2011-2015 bee. All rights reserved.